日本 小学校 教育


小学校の一日

日本の小学校に娘を通わせている中国人の観点から、日本の小学校教育を紹介する記事を掲載した。

記事はまず、日本に対して「きれい、高い民度、団体意識」というイメージがあると紹介。

右へスライド 日本のプログラミング教育が立ち上がるか分水嶺(れい)にある。

2020年度の小学校での必修化に向け教材市場は活況だ。

中国メディアの快資訊はこのほど、日本の離島に存在する小学校を取り上げ、その教育風景を紹介する記事を掲載した。

総合的な学習の時間 小学校、中学校、中等教育学校、高等学校においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書を使用しなければならない [8] 。

先日、小学校でプログラミング教育の必修化を検討すると発表されました。

そこで今回はプログラミング教育が日本でも必修化されるまでの流れをまとめてみました。

日本で教育にある4つの「ものすごいこと」を見て、 3つめは、全員参加で協力し合う教育だ。

小学校では子どもたちが当番制で自ら給食を取りに行き、配膳を行うと紹介。

その5家族とお喋りをして また何ぞやアメリカの小学校の情報が増えた。

以下が私の聞いた話をまとめてみた。

ギフテッド教育と飛び級の話。

「小学校のプログラミング教育必修化にはいろいろ誤解がある。

大事なのは、 子どものプログラミング教育の現状を説明した。